丁寧な浪花酒造のお酒

一つ一つの作業を丁寧に行い、時間をかけて日本酒を造っていくのが「浪花酒造」です。
洗米も10kgずつしっかりと行っていきます。
とても重たくて時間がかかる作業ですが、この工程はとても大切な作業で、洗米の仕方によっては日本酒の味が悪くなってしまうとてもデリケートな作業なのです。
水は蔵内にある水を使用していますが、この井戸の水は創業以来300年枯れていないというすごい井戸です。
もちろん水は透き通り、そのまま飲んでもおいしいお水なので安心してください。
米を蒸していく作業はとても暑く、思わず服を脱ぎたくなります。
それでもしっかりと丁寧に作業を行っていく職人さんたちは、やっぱりすごいです!手を抜かないからこそ、いつでもおいしい日本酒を味わえるのでしょう。
この他にもまだまだ作業は続いていきます。
とても大変で時間のかかる作業ですが、職人さんががんばってくれるからこそ上質な日本酒を私たちはいつでも気軽に味わえます。