ファクタリングについての知っておくべきこと

企業は負債として持っている売掛債権を買い取って、事故の危険負担によりその債権の管理や回収を行う金融業務のことをファクタリングといいます。
ある企業が持っている売掛金や受取手形などの、売掛債権の代行を行う会社に、手数料を支払って売却します。
売却することにより回収できないでいる売掛金を、買い取ってもらったお金で賄うことになります。
売却先の会社では、その買い取った売掛金や受取手形の代金を支払うことで、本来払うべき売掛金や受取手形を発行している会社からのお金を、期日に受け取ることになります。
ここで大きな問題として、買い取った売上債権が支払い期日になっても支払いができないような場合は、その損失を依頼企業が負うのか、買い取った会社が負うのかで違ってきます。
この違いには、依頼企業が負担するような場合は、還元請求権のあるファクタリングと言われていて、買い取った会社が負担する場合は、還元請求権のないファクタリングと言われています。
通常、売上債権を買い取る会社には信用調査能力がそこまでないため、前者の債権請求権のある方を選ぶことになります。
売上債権を売却する企業からすると、自社の資金のニーズに合わせて資金の調達ができるのと、売却するときに銀行からの借り入れのような担保を要求されることもありません。
http://factoring-guide.com/