もし不渡りの危険が高そうなら、手形割引を行わないのが無難

手形とは、期日になったら代金を支払うと約束したことを示す物です。
約束の期日まで待って、現金に引き換えてもらうのが本来の利用法ですが、
中には、約束の期日前に、業者や銀行に依頼して、手数料や利息などがいくらか割り引かれた額の現金に引き換えてもらう、
手形割引という取引を行う方もいるでしょう。
将来的に自分のものとなると約束されている現金を、少し早く受け取るというだけなのですから、
こうした取引を行うこと自体は、何の問題もないことです。
ただ、取引を行った手形が万一、不渡りを起こしてしまった場合には、問題が起きてきてしまうでしょう。
不渡りというのは、代金を支払うと約束していた人が、
期日になっても代金を支払わなかったということを指します。
約束は、破られることもあるということなんですね。
こうなると、取引の際に手形を受け取って現金を渡した側としては、
約束の期日に手形を現金に引き換えることで資金の回収をしようと思っていたアテが外れてしまうことになります。
それで、手形割引の取引を依頼した側に対して、手形を買い戻すように迫って来ることも有り得るのです。
取引を依頼した側としても、現金がすぐ必要だったから取引をしたわけですから、
急に、手形を買い戻すよう言われても、とても困ってしまうことになるでしょう。
こうした事態に陥ってしまわないためにも、
不渡りが起きそうな手形で手形取引は行わないようにするのが無難かと思います。